サンワサプライ,インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙,文房具・オフィス用品 , 紙製品 , コピー用紙・印刷用紙,/intersale1295898.html,204円,JP-TPRTEN,shizuokapaintball.com サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN 絶品 204円 サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN 文房具・オフィス用品 紙製品 コピー用紙・印刷用紙 サンワサプライ,インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙,文房具・オフィス用品 , 紙製品 , コピー用紙・印刷用紙,/intersale1295898.html,204円,JP-TPRTEN,shizuokapaintball.com サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN 絶品 204円 サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN 文房具・オフィス用品 紙製品 コピー用紙・印刷用紙

サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN メーカー公式 絶品

サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN

204円

サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN

商品の説明

サイズ:A4

ナイロンやポリエステルなどの化繊布にも転写できる、便利な転写紙。
●ナイロンやポリエステル100%などの化繊布にも転写できるアイロンプリント紙です。低温で転写するので、通常品ほど熱くなく取扱いが比較的簡単です。白・淡色布、ブラックやネイビー、レッドなど濃色カラー布兼用です。
※従来のアイロンプリント紙は高温で転写するため、生地自体が痛んだりプリント紙が生地の色に染まったりするおそれがあるため、化繊布には使えません。
●ユニフォームや販促用のブルゾンなど、小ロットでお揃いのものが作りたいときにおすすめです。
●洗濯耐久性を持たせているので、洗濯機での洗濯も可能です。洗濯後、万が一転写部分にはがれが見られたらアイロンをかけてください。再度貼り付けることができます。
●プリント紙の粘度が高く伸びが良いので、転写部分をひっぱってもぱりっと割れたりしません。ひっぱったあとは元に戻りません。
※アイロンが足りないと、はがれたり、ぱりっと割れることがあります。
●原材料および製造工程上、有害物質であるホルムアルデヒドは一切使用していないので、お子様の衣料にも安心してお使いいただけます。公的機関においてホルムアルデヒド試験を行い、安全性は確認済みです。
<使用上の注意>
※インクジェットプリンタで簡単にアイロン転写ができる便利な用紙ですが、転写後の布は市販されているプリントTシャツやシルク印刷されている布などと異なり、デリケートな取扱いが必要です。これらの布と同様に扱わないようご注意ください。
※インクジェットプリンターのインクの性質上、洗濯を重ねると色落ちしたり、アイロンが足りないとはがれたり、また洗濯方法に気をつけていただく必要があります。用紙自体の耐久性も高めましたが、デメリットもご理解いただいた上で、ご使用ください。
※記載の対応する布以外の布に転写したり、取扱説明書に記載されていない洗濯方法で洗濯されたりした結果により生じた事故につきましては、その責を一切負いかねますので予めご了承ください。
※この製品は個人で楽しむことを目的とする製品です。商業目的ではご使用にならないでください。また、高価なもの、貴重なものにはご使用にならないでください。
※一度転写したものははがすことはできませんので、いらない布で試してからご使用ください。
※特殊紙のため、写真画像やイラストを100%忠実に再現することはできません。転写後は、若干色目がくすんでしまうことがあります。
■サイズ:A4(210×297mm)
■セット内容:プリント紙×2シート、シリコン紙×1シート
■坪量:250g/平方メートル
■紙厚:0.26mm


メーカーより

サンワサプライ インクジェット用化繊布用アイロンプリント紙 JP-TPRTEN

緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。
情報提供
3日以内に情報提供はありません。
  • HPリニューアルのお知らせ
    2021年11月1日にHPリニューアル致しました。
    閲覧者が目的のページに素早くたどり着くことができるよう、サイト構造の改善と、「目的別メニュー」を新設しました。
    また、モバイル端末でご覧になった場合も、より見やすい様に最適化を図りました。
    今後も内容の充実を進めてまいります。
    ホームページリニューアル致しました
  • 福島第一原子力発電所の視察
    10月28~29日の2日間、田中委員と伴委員が福島第一原子力発電所を視察しました。
    視察の中で両委員は、さまざまな廃棄物の管理状況やALPS処理水に関連する設備の現場確認、東京電力との意見交換などを行い、引き続き廃炉作業を安全に進めるための議論や活動に活かしていきます。
    特定原子力施設監視・評価検討会
  • 公開会合の一般傍聴を再開します
    緊急事態宣言が解除されたため、感染防止対策を実施した上で公開会合の一般傍聴を受け付けます。会合の様子はYouTubeやniconicoの原子力規制委員会公式チャンネルでの映像配信でもご覧いただけます。
    YouTubeチャンネルページ
    niconicoチャンネルページ
  • 日本原電本店で原子力規制検査
    敦賀発電所2号機の新規制基準適合性審査で審査資料のボーリング柱状図データの書き換えについて、10月4、5日、日本原子力発電本店を訪れ原子力規制検査を実施しました。検査では、資料作成に関する業務プロセスが構築されているかを確認するため、文書や記録等の確認や関係者からの聞き取りを行いました。検査チームは引き続き検査を実施することとしています。
  • 柏崎刈羽原発での核物質防護事案の
    報告書を受理しました
    柏崎刈羽原子力発電所でのID不正使用事案および核物質防護設備の一部機能喪失事案について、9月22日に東京電力から報告書を受理しました。報告書の一部は下記リンクからご覧いただけます。
    引き続き報告内容を精査するなど、追加検査を進めていきます。
    東京電力HD(株)より報告書を受理
ページ
トップへ